MENU

はげが遺伝するという都市伝説は真実?

「顔だけじゃなく頭まで父親そっくりになったな(笑)」

 

親戚一同が集う法事などでよく飛びかうセリフですよね。

 

親がはげていると遺伝して息子もおなじ運命をたどる、という都市伝説は有名なところ。

 

実際のところはどうなのでしょうか?

 

結論からいってしまえばはげは遺伝します”。

 

これは統計結果でも明らかになっているんですね。

 

では、はげ家系に生まれてしまったら、大人しく絶望へのカウントダウンを待つだけしかないのでしょうか?

 

はげが遺伝するのではなく体質が遺伝する

正確にいうとはげやすい体質が遺伝するのです。

 

髪が抜け落ちてしまう最大の原因は、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」です。

 

この成分は脱毛シグナルを出すので、それが原因で抜け毛が増えてしまうんですね。

 

薄毛に悩む方の多くが、ジヒドロテストステロンに影響を受けやすい体質であることが、近年の研究結果によって分かっています。

 

影響の受けやすさは、遺伝によって決まると言われています。

 

つまり、親が影響を受けやすい体質であれば、その体質を子供に遺伝する可能性があるんですね。

 

しかし、その体質は必ず遺伝するというわけではないよう。

 

実際に、おなじ薄毛の親をもつ兄弟でも、片方は薄毛で、もう片方はフサフサなんてことはよくあることです。

 

はげ体質の遺伝は父から?母から?

では、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすい、はげ体質はどちらの親から受けるのでしょうか?

 

ジヒドロテストステロンの影響の受けやすさを決める遺伝子は性染色体のX染色体にあります。

 

このX染色体は母親から受け継ぎます。

 

遺伝によってはげやすいかどうかは、母方のDNAに強く影響を受けるんですね。

 

母方の親類に薄毛の方が多い場合は要注意かもしれません。

 

父親からは遺伝しないのか?

たしかにはげ体質の遺伝子を受けつぐのは母親からです。

 

しかし、父親からの影響も否定できません。

 

実際に父親そっくりのはげ方をしている息子さんが大勢いますよね。これはやはりおなじ遺伝子をもっている証拠じゃないでしょうか。

 

それに父親とは基本、おなじライフスタイルを送っている可能性が高くなります。

 

食べるものや生活環境がおなじですから、体質も似たようなものになるでしょう。

 

髪はライフスタイルの影響を大きくうけます。

 

はげている人とおなじ生活をするのも、抜け毛の原因になる可能性があるでしょう。

 

遺伝によるハゲでも生えてくる?!そんな育毛剤ってあるの?

はげ家系の方には大変ショックですが、はげは遺伝する可能性が高いです。

 

正確には、はげが遺伝するというよりも体質が遺伝するんですね。ですが、かならず遺伝するわけではありません。

 

万が一遺伝しても生活習慣の見直しや、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬で充分に対策できます。

 

「俺は薄毛界のサラブレッドだから・・・・・・」なんて投げやりにならないでくださいね。

 

実は、遺伝によるはげでも治すことが出来る育毛剤があるというのです。